いつでもどこでも手に入るミネラルウォーター

コンビニや普通の商店でペットボトルに入って売られている水。これらを通常、「ミネラルウォーター」ってみんなは呼んでるんだけど、実はこのミネラルウォーターにもいろんな種類があるってしってたかな?

当サイト『恩水ONSUI』では、ミネラルウォーターの奥の深さ、その種類や特徴などをわかりやすくまとめて紹介しているミネラルウォーター情報サイト。自分好みのおいしいお水を見つけて、あなたの生活に潤いを与えていこう!

軟水と硬水

マグネシウムやカルシウムの含有量の少ない軟水は、特に日本で販売され、親しまれている。だから軟水を飲み慣れている日本人にとって 『おいしい』 と感じる水はこのマグネシウムやカルシウムが少ない軟水なんじゃないかな。

一方、硬水なんだけど、その硬水に含まれているカルシウムは、私たちの体の代謝の改善や、マグネシウムによって皮膚細胞の増殖を助けてくれる働きなどが期待できるんだ、だから肌の新陳代謝を活発にしてくれるんだね。人間にとって欠かせないものが含まれている硬水は、美容にも効果的みたいだね!そのミネラルウォーターの魅力をどんどん紹介していくよ!みんなも通販&ウォーターサーバーで美味しい天然水を飲もう!

炭酸

欧米なんかでは、ミネラルウォーターの原料となる水に初めから炭酸が含まれているものがあって、ミネラルウォーターといえばその炭酸が元々入っている水を指すことが多いんだよ。それを冷やさずに常温のままで飲むのが昔は主流で独特の味わいになるらしいんだ。日常的に炭酸水を飲む習慣のない日本人には、ちょっと驚きな事実かもしれない。

海外では、水を頼んだ際に、ガスなしと念をおさないと、炭酸水が出てくることがたまにあるらしいので注意すること。特に、オーストラリアなんかで言うミネラルウォーターとは日本で言う炭酸水にあたる。また、一方で炭酸が入っていない水はスティルウォーターと呼ぶんだよ。

いろんなミネラルウォーターの特徴

ナチュラルウォーター
水源を特定して、そこから採水された地下の水を原水として、沈殿や濾過、そして加熱殺菌以外の物理的、また化学的処理を行わないものです。
ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルウォーターのなかでも、鉱化された地下の水を原水としたもので、その水は地表から浸透して、地下を移動中か、または地下に滞留している間に地層中の無機塩類が溶解した地下の水をさしている。
ミネラルウォーター
原水は、ナチュラルミネラルウォーターからで、品質を安定させる目的などのためにミネラル調整やばっ気、また複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合なんかが行われているんだね。
飲用水、ボトルドウォーター
ナチュラルウォーターや、ナチュラルミネラルウォーター、またはミネラルウォーター以外のもの。

昔は、ただ単に風味の良い水であればOKみたいな感じで販売されていたミネラルウォーターなんだけど、最近になって糖尿病抑制効果にバナジウムが活躍することがあるとして、このバナジウムを含んだ地下の水が健康食品の一種として販売されているらしいんだ。でも、このバナジウムよっておこる糖尿病抑制効果っていうのに、明確な裏付けがあるわけじゃないんだけど、『そのような例が発表された』 というまだその段階らしい。

最近では早くも、たくさんの中小健康食品メーカーがこれらバナジウムに目をつけていて、このバナジウムを含んだ地下の水が販売されているみたい。もうすでに、大手清涼飲料水メーカーの一部にもこれを扱っているようだね。

recommend

ロレックス高価買取
http://housekihiroba-kaitori.jp/%e8%85%95%e6%99%82%e8%a8%88%e8%b2%b7%e5%8f%96/%e3%83%ad%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

最終更新日:2016/2/1